Now Loading...

h1テキストh1テキスト

03-5422-6611平日10:00~18:00
HOME
よくあるご質問
採用情報
お問い合わせ

元プロボクサー・坂本博之さんがオンリアライズに!

2019.10.16

(左)代表取締役 高橋靖  (右)坂本博之さん

なんと!「平成のKOキング」元プロボクサーの坂本博之さんに、ご来社いただきました!

当時人気絶頂のチャンピオン・畑山隆則さんとの「WBA世界ライト級タイトルマッチ」は、ボクシング史に残る歴史的名試合! 鮮烈に記憶されている方も多いのでは!?

「この前、テレビで松岡修造さんと対談させてもらいましたよ」と、坂本さん。 もちろん、見ていました!

テレビ朝日[報道ステーション]にて先日放送された坂本さんの特集を見て、あらためてその人間力の素晴らしさに胸を熱くしてしまいました。 本日お会いできるのが本当に楽しみでした!

“こころの青空基金”

坂本さんは「孤児院出身の不屈のボクサー」として、 全国の児童養護施設をまわり、ボクシングを通じて自分と同じ境遇の子供達の心をケアする活動を、20年近く続けていらっしゃいます。

「大人の目を気にして胸の内を発散することに怯えてきた子供達は、人一倍感情を表に吐き出すことに飢えている」と、坂本さん。 そんな子供達に、全力でパンチを打ち込んでこい!と、ミットを向ける坂本さん。

初めは躊躇していた子供達が、徐々に、徐々に、
楽しさ、苦しさ、嬉しさ、そういった心のパワーを、パンチに乗せて伝え出していく勇姿に、私は強く心を揺さぶられました。

2分間パンチを打ち続けることは子供達にとっては大変な運動です。
でも、「頑張れ! もう一息!」そう坂本さんが声をかけると、それに応えるように子供たちは一所懸命に坂本さんのミットに向かっていく!

思わず私も、かんばれ!と応援していました。
頑張っている人を見ると人は応援したくなる。その応援を受けて人はまた頑張れる。

私はそこに、生きていく事そのものの原動力を見た気がしました。
ミットから伝わる坂本さんの想いが、子供達の拳にはね返り、子供達が笑顔を取り戻していく―――、、、この心の会話は、文字や映像では伝えきれません。

私が実際に施設まわりに参加させていただきこの目で見たあの光景を、子供達の目がキラキラ輝きはじめるその瞬間を、ぜひ多くの人に見ていただきたい。
「こころの青空基金」の活動は、坂本さんの生き様そのものです。

・・・・ テレビ番組で度々取り上げられるも、実際の活動の応援となるとまた別のハードルがある、と坂本さん。

きっかけがない、方法がわからない、という方も多いと思います。
私自身もどうやって応援したらいいのか、どこから連絡すればいいのか、恥ずかしながら初めわかりませんでした。

そういった方々に、このページが少しでも役に立てれば幸いです。

オンリアライズ株式会社は、“こころの青空基金“を応援しています。

こちらから、この活動を知って応援していただけます。(以下、活動内容ページへのリンク)

対談

不動産投資・マンション管理・物件の売却に関するお問い合わせはこちら

企業様専用ダイヤル TEL 03-5422-6611(平日10:00~18:00)03-5422-6611(平日10:00~18:00)
お問い合わせフォーム