Now Loading...

一棟物件|オンリアライズが選ばれる理由|オンリアライズ株式会社|不動産投資/経営・賃貸/マンション管理・不動産物件売却

03-5422-6611平日10:00~18:00
HOME
よくあるご質問
採用情報
お問い合わせ

オンリアライズが選ばれる理由

一棟物件

物件の違い

一棟物件をおすすめする理由

一言に物件といっても、マンションやアパートなどいくつか種類がございます。オンリアライズはその中でも、「一棟マンション・アパート」に特化して物件のご案内をします。

空室のリスクが少ない

区分マンションは入居者が入っている期間は安泰ですが、空室になってしまうと家賃収入はゼロに。つまり、「オールorナッシング」の投資だと言えます。
一方、一棟マンションは一棟丸ごと、つまり複数の部屋を所有するため、空室リスクは少なくなります。
たとえば、全20戸の一棟マンションであれば、5室空室でも残りの15室に入居者がいれば15室分の家賃収入が入ってきます。部屋数が多い分、家賃収入は多くなりますし、空室リスクも抑えることができるのです。

キャッシュフローの最大化

区分マンションに投資を行う場合、例えば月8万円の家賃収入に対して、ローン返済や管理費などで毎月6万円のコストが必要なケースですと、月々の収入は2万円程度に過ぎません。この点、全20戸の一棟物件であれば、先ほどと同様のキャッシュフローであれば2万円×20戸で、月40万円の利益が見込めます。もちろん初期投資額は上がりますが、融資付けに強いオンリアライズですから、お客様に有利な条件でローンのご提案が可能に。
最適なキャッシュフローで、最大級の投資利益を目指す方にこそ「一棟物件」がマッチします。

一棟と区分のメリット・デメリット

※表の各項目をクリックすると説明文を表示します。

  一棟マンション 区分マンション
メリット
空室リスクが少ない
仮に空室が出ても影響は一部で済むため、
ある程度の収益が見込めます。
よほどのことがない限り
全室が空室になることはないため、
空室リスクを分散できます。
多額の収益を見込める
区分マンションの場合、
手元に残るのは月々数万円程度ですが、
戸数の多い一棟マンションなら
多額の収益が見込めます。
手持ちが少なくてもいい
物件そのものを担保に
融資を受けることができます。
月々の家賃収入でローンを返済できれば、
自己資金ゼロで購入できることもあります。
土地が手に入る
一棟マンションを購入すれば、
資産価値の高い土地が手に入ります。
万が一、地震で建物が倒壊してしまっても
土地は残ります。
フレキシブルな対策ができる
一棟マンションは、状況に応じて比較的自由に
リフォームや入居条件の緩和ができます。
少額から始めやすい
区分マンションは
安ければ数百万円で購入できるため、
融資を受けることなく
貯金だけで投資できる場合もあります。
売買の流動性が高い
区分マンションは
一棟マンションに比べ、
オーナーの数も多く、
流動性が高いのが特徴です。
デメリット
空室が多すぎると返済の負担が増す
家賃収入でローンを
返済できないほど空室が多くなると、
多額の返済負担だけが残ることになります。
空室リスクが高い
区分マンションは
保有物件が一戸だけであるため、
空室になると収入がゼロになってしまいます。
大きな収益につながらない
区分マンションは
入居者がいる状態でも、
管理費や共益費、修繕積立費などを差し引くと、
月々の収益は数万円程度。
大きな収益を上げるのは難しいと言えます。
フレキシブルな対策ができない
他のオーナーとの兼ね合いなどがあるため、
簡単にリフォームや入居条件の
緩和をすることができません。
融資を受けにくい
区分マンションは
安いため投資商材としては手を出しやすいですが、
その分、資産価値も低いため
銀行は融資をしたがりません。

対談

不動産投資・マンション管理・物件の売却に関するお問い合わせはこちら

TEL 03-5422-6611(平日10:00~18:00)03-5422-6611(平日10:00~18:00)
お問い合わせフォーム